令和元年度狩猟者申請

2年目の猟期の前に本年度の狩猟者申請の手続きを猟友会の支部で行ってきました。
去年は自分で県の合同庁舎に行って行った事を猟友会でまとめて行ってくれます。

書類に予め住所等を印刷してもらっているので、日時や署名、印鑑を押すだけですみました。

罠の狩猟者の場合の諸経費は
猟友会の会費が全国、県、支部それぞれ2300円、4000円、3000円。
狩猟税8200円ですが、今回は有害鳥獣対策事業に携わっていたため半額の4100円、県手数料1800円、それに保険代1200円の合計で
16400円になります。

これで有害鳥獣対策の期間が終わり、猟期になってもすぐに猟ができるようになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント