テーマ:

甥っ子へのクリスマスプレゼント2018

中学一年生の甥っ子への今年のクリスマスプレゼントは本と文房具です。 本は甥っ子からのリクエストで 「世界で一番美しい分子図鑑」創元社 です。 これは去年のプレゼントの世界で一番美しい元素図鑑と同じシリーズになります。 今好きな教科は「理科」らしく、前からドラえもんの科学系の本も好きなようで理系の傾向があるのは少し嬉しいです。 もう一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵師ギトウ

大門剛明 の小説「鍵師ギトウ」(実業之日本社文庫)読了。 熱が出てテレビを見るのも辛いので、今日はおとなしく読書する。 小説家 大門剛明の作品は自分の好きなミステリーで、デビュー作の「雪冤」で横溝正史ミステリー大賞とテレビ東京賞をダブル受賞している。 弁護士や検事、判事などの司法関係の主人公の物が多いが、機械時計の職人や元ニートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甥っ子の誕生日プレゼント選び

今日は甥っ子の誕生日。 今年のプレゼントはどうしようかと迷ってクリスマスに購入した本 「角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」」の続きの4巻から8巻(平安時代 後期から安土桃山時代)と面白そうな所。 これだけだともっと理系よりになる様に 組み立て式の 「エレキット 水圧式ロボットアーム」 は電池要らずで動かすことができるので、面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甥っ子へのクリスマスプレゼント2016

甥っ子へのクリスマスプレゼントは毎年本にしている。今年はリクエストより 「角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」」 2,3巻(表紙は有名漫画家等の絵でよく売れてるらしい、一巻目は持ってる。)と 「イルミネイチャー」 (赤、青、緑のレンズを通して、世界中の森と昼と夜の生物がそれぞれ見れる絵本) と何だか気になってた絵本 「100に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書の秋

今日は体調イマイチだったので、一日外出しないで読書していた。 今日で、ようやく何カ月か前から読んでいた本を完結まで読むことができた。 今回読んでいたのは宮部みゆきの「ソロモンの偽証」の文庫本6冊の最終巻。 墜落死した同級生の真実を探すため中学生が校内裁判を行うサスペンス。 もともと宮部みゆきの本は文庫化されたら読むようにしていた。 舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cooking for Geeks (料理と科学の実践レシピ)

普段はなるべく自炊をするようにしているのですが、最近は手抜きでなんでもかんでもシリコンスチーマーで蒸して食べていることが多くなっています。 それじゃいけないと思っていて、この本を書評で見つけた時は中々興味をわきました。 「Cooking for Geeks 料理の科学と実践レシピ」は学生時代からコンピュータのプログラミング等で見覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本 マップス 新・世界図絵

もうすぐ甥っ子の誕生日です。 色々迷った末、旅行のお土産と一緒に 本屋さんで気になった絵本 「マップス 新・世界図絵」 アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ/作・絵 徳間書店児童書編集部/訳 http://www.tokuma.jp/kodomonohon/jbookinfo?isbn=9784198637859…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完訳版 シャーロック・ホームズ全集 (偕成社)

甥っ子のクリスマスのプレゼントには本を買うことにしています。 今までは絵本や昔話、図鑑でした。 去年はドラえもんの付録付き科学本です。 おもちゃばっかりプレゼントしてもどうだと思うし、自分の小さい頃は学研の「科学」と「学習」を取って貰っていて、今の自分(仕事や趣味、嗜好)が出来ていると思うと、本の影響は大きいですから。(科学の付録はもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more