iPhone X のバッテリー膨らみとエキスプレス交換サービス

いつも使ってるiPhone Xを入れているケースから「なんだかはみ出ている」と思ってケースを外してみると膨らんで画面と背面との間に隙間ができています。
7DD1E01F-01E9-42DF-A367-72B48FE0068A.jpeg
恐らくバッテリーが膨張してしまっているようです。1年と8ヶ月ほどでこうなるのは不具合に当たってしまったのでしょう。

以前iPhone 5か6のころにもバッテリーが膨張して交換した事があました。

その時は1時間半ぐらいかけてアップルの正規サービスプロバイダのイオン草津のカメラのキタムラに行ってさらに順番待ちで数時間かかりましたが、今回はそんな時間も作れそうもありません。

そこでアップルのサポートアプリ内でスタップとチャットで相談して「エキスプレス交換サービス」を使って宅配便を使って新品と交換する方法を使いました。

このサービスを夜に申し込んで2日後の夕方には新品のiPhoneが到着、その場で交換してバックアップから戻してその夜には使えるようになりました。

交換した修理品がアップルのサービスセンターに届いてバッテリー以外に問題がないと確認されたのはさらに3日後になります。

この方法の弱点は交換する前の保証として事前にクレジットカードの情報を登録して新品分(約10万円)必要な事があります。不具合箇所がバッテリー以外に無ければ保証の範囲内になります。何かあればその修理分相当が引かれて返金の形になるようです。それが分かるまでは少し心配になります。

エキスプレス交換サービスの利用も本来は費用が3000円程度かかるのですが延長保証のアップルケアプラスに入っていたのでその費用もかかりませんでした。

また事前にバックアップやアップルウオッチの接続解除やSuicaの登録解除も必要になります。

あと交換する前に忘れていけないのはSIMカードを外す事。
宅急便の人が来る少し前まで使っていたのですが、カードを外すのにSIMピンが見つからなくて困ってしまいました。
結局安全ピンを刺して抜いたのですが、交換品と一緒に入っていた説明書にSIMピンがついていたので、それを使うこともできたようです。

バックアップから戻してもいくつかのアプリは会員サービスにログインし直したり、再設定が必要になったのもありました。
無線LANでは通信できたのですが、SIMカードを入れたままでは外で通信出来ず、プロファイルを入れる必要があるのを忘れていました。

何だかんだで新品に交換できたのですが、今思うとサイドボタンの効きが悪くなったり、落とした記憶も無いのに貼っていたガラスフィルムが割れてきたのはバッテリー膨張の前兆だったようです。
暫くはこのiPhoneを使ってこの秋に発売されるであろう新型の情報を集めていきたいと思います。


0

この記事へのコメント